Predata Research – Japan

Predata Research

ブレグジットへの興味は失われた?

重要な週が始まるのに対し、英国の一般大衆の関心は低下。

2019年3月11日 |  ERIC FALCON


イランの戦略的な辞任

外相の動きにより、ロウハーニー大統領勢力が強硬派に対する影響力を強める

2019年3月4日 | GORDON LAFORGE


今週のブレグジット

2つのグラフでチェック

2019年2月26日 |  ERIC FALCON


カシミール襲撃

世界有数の軍事地域での死傷者を出した自爆テロにより、核武装するライバル国間の緊張状態が危険水域まで上昇する危険。

2019年2月19日 | GORDON LAFORGE


核兵器が交渉の場に

二度目のサミットの開催が近づくにつれ、非核化が再度議論の的となる

2019年2月12日 | GORDON LAFORGE


新年が明けても言い分に変わりなし

中国の知的財産の盗難や強制的な技術譲渡は、貿易協定の合意期限が迫る中、際立った問題となっている

2019年2月04日 | GORDON LAFORGE著


市場



2019年2月04日 | SANA CHERUKURI 著


イスラエルとイランは戦争に向かっているのか?

オンラインアクティビティは、シリアにおいて地域に対する意味合いを持つ平行で展開される紛争に関する懸念が上昇していることを示している。

2019年1月29日 | GORDON LAFORGE著


中国にのしかかる負債の問題

10年間にわたる無制限の融資が与える影響

2019年1月24日 |  SANA CHERUKURI


不動のマドゥロ

ベネズエラの独裁者は長く権力を保持したかもしれないが、大衆の圧力は再び勢力を高めている。

2019年1月22日 | GORDON LAFORGE著


ブラジルの大豆と中国の貿易

ブラジルの大豆の収穫高は予測を下回ったが、現地の価格上昇につながらない可能性がある

2019年1月9日 | SANA CHERUKURI 著


年頭の緒言

新年を迎えるにあたり、Predataは、2018年のトレンドの調査に基づいて、2019年に追跡すべき最も重要な事柄をご紹介する。

2019年1月9日 | PREDATAスタッフ


不確かな状況

在韓米軍に関する法案をめぐる意見相違が韓国をいらだたせている

2018年12月10日 | GORDON LAFORGE著


反撃に出る「洗車」作戦

ジャイール・ボルソナーロ政権は腐敗に本気で対処するか?

2018年12月04日 | GORDON LAFORGE著


実質を伴わない停戦

中国語のウェブ閲覧パターンは、トランプ大統領と習主席の間で繰り広げられた貿易戦争の緊張緩和は長続きしないことを示唆している。

2018年12月04日 | GORDON LAFORGE著

Contact Us – Japan

Predata についての詳細情報をお求めの場合は、contact@predata.com にお問い合わせください。