Author Archives for Tori Rinker

ブレグジットへの興味は失われた?

March 18, 2019 7:28 pm Published by Comments Off on ブレグジットへの興味は失われた?

2019年3月11日 |  ERIC FALCON 重要な週が始まるのに対し、英国の一般大衆の関心は低下。 テレサ・メイ首相の改定離脱協定案に対する議会投票という現在の政府の存続がかかったブレグジットでも正念場となる週が始まるのに対し、なぜか一般の反応は冷ややかだ。ブレグジットに関する一般的なトピックと、その詳細についてのオンラインでの関心はクリスマスから新年にかけてのホリデーシーズンと同様低い水準であった。実際にオンラインで関心を寄せていたのは、ハードブレグジットによって最も影響を受けると思われる層のみであった。これは英国が現実を見ないままにブレグジットの崖を飛び降りようとしていることなのだろうか?次の3つのグラフでより詳しく説明しよう。 1. 一般大衆はブレグジットへの関心を失う 一般的なオンラインのブレグジットへの関心は、通常ウェブ検索が低下する新年にかけてのホリデーシーズンと同様の水準であった。国民投票、プロセス、主要人物、その他ブレグジットに関する初歩的情報は、1月15日の採決以来着実に低下している。 2. 政治通すらも興味を失う  北アイルランド国境、航空問題、漁業問題などの様々な方針こそがロンドンとブリュッセル間の交渉の肝となっているにも関わらず、それらの問題への関心すらホリデーシーズンの水準となっている。1月から2月にかけてこれらの問題がデジタルの関心を集めていたにも関わらず、3月初旬にはアクティビティは低下している。 3. ハードブレグジットへの恐怖は依然として残る 今夜の議会採決に向けて現れた唯一のブレグジットのシグナルは、英仏海峡における経済方針の懸念であった。英仏海峡間の商品の流通や人々の行き来に関する情報を載せたページでのアクティビティは、英語と欧州言語の両方で上昇している。主にフランス北西部の港への関心によって動機づけられているヨーロッパのシグナルは、最も顕著な上昇を見せた。


イランの戦略的な辞任

March 14, 2019 2:01 pm Published by Comments Off on イランの戦略的な辞任

2019年3月4日 | GORDON LAFORGE 外相の動きにより、ロウハーニー大統領勢力が強硬派に対する影響力を強める 先週、長年イラン外務大臣としての役割を務めてきたモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ氏がInstagramで辞任を発表した。同氏はイランの核開発計画を抑制するための共同包括行動計画(JCPOA)の主たる支持者であり、欧州や米国とのより広範な関わりを続けてきたことから、常に強硬派のターゲットとなっていた。そして、先週の月曜テヘランで行われたロウハーニー大統領とシリア大統領バッシャール・アル=アサド大統領との会合から除外されたことが我慢の限界となったようだ。 複数の有力なイランの政治家はザリーフ外相に対し政府に残るよう促し、ロウハーニー大統領は辞任を拒否している。現在、この動きは改革派による強硬派に対するザリーフ外相の重要性を強調するための統合した戦術的なクーデターと考えられている。Predataのシグナルはペルシア語でのロウハーニー大統領とザリーフ外相に対するデジタルでの興味の増加を示しているが、同時に改革派の複数の有力人物の注目も高まっていることが分かる。 対照的に政府の強硬派に関連するオンライン活動は減少しており、ザリーフの辞任と撤回を経た後もそれは変わっていない。 また、ザリーフの動きはイランの核交渉に関する注目を再度集めるものとなっている。デジタルの分野で核交渉の注目が増加し、改革派がより影響力を持つようになっている事実は、ロウハーニー大統領とその勢力のJCPOAに対する存在感が強硬派よりも大きくなっていることを示唆するものである。


Nasdaq TradeTalks: Predictive Analytics

March 14, 2019 1:57 pm Published by Comments Off on Nasdaq TradeTalks: Predictive Analytics

In Nasdaq’s Trade Talks with Jill Malandrino, CEO Hazem Dawani shares his take on the importance of predictive analytics.


今週のブレグジット

March 1, 2019 4:47 pm Published by Comments Off on 今週のブレグジット

2019年2月26日 |  ERIC FALCON 2つのグラフでチェック 3月29日の英国のEU離脱を控え、ブレグジットへの注目はさらに高まっている。労働党は公式に二回目の国民投票を訴え、テレサ・メイ首相はクーパー元雇用・年金担当相とレットウィン元内閣府担当相による、交渉の主導権を議会が握りリスボン条約第50条の遅延を求める修正案への急速な対応を迫られている。期限が刻一刻と近づくにつれ、オンラインでは次のような反応があった。 1. ハードブレグジットの結果が現実味を増す 過去2週間にわたり、北アイルランド国境へのオンラインの関心は後退したものの英国の航空部門への関心が急上昇している。すでに 報道した通り、北アイルランド問題はその重要性と象徴的な性質により、ブレグジットの方針決定において際立った位置を占めていた。 しかしこれはもはや過去のことであり、ノーディールの場合のブレグジットにおけるより現実的な懸念が浮かび上がっている(例:3月30日のヒースローからマドリッドへのフライトはキャンセルされるのか?など)。 2. 日本からの注目がさらに高まる 今月、日本の自動車会社である 日産 と ホンダ は英国での自動車製造の停止と工場の閉鎖を発表した。両社はこの決定とブレグジットとの関連を否定し、「世界的に不利な経済状況」を理由とした。しかし日本のオンラインユーザーは納得しなかったようで、工場閉鎖のニュースは日本におけるブレグジットへの興味を最高レベルにまで引き上げた。しかし日産とホンダにとっては悪いニュースばかりではない。最近締結された日本とEU間の自由貿易協定 により、両社は関税なしで欧州に自動車を輸出できるようになる。


カシミール襲撃

February 21, 2019 4:36 pm Published by Comments Off on カシミール襲撃

2019年2月19日 | GORDON LAFORGE 世界有数の軍事地域での死傷者を出した自爆テロにより、核武装するライバル国間の緊張状態が危険水域まで上昇する危険。 先週の木曜緊張状態にあるインドのカシミールにおいて、パキスタンのジャイシュ=エ=ムハンマド過激派集団の自爆テロが発生。爆発物を装填した車がインドの準軍事部隊に衝突し、カシミールの過去30年でも史上最悪の42人が死亡するという結果となった。 攻撃を受け、Predataのセキュリティ部門ではインドとパキスタンの両方のシグナルが過去数年で最高レベルを記録した。このシグナルは国家安全保障インフラおよび各国の問題に関連するウェブページやソーシャルメディアフィードの収集に対するアクティビティを測定するものである。 攻撃に対するデジタルの反応の大きさは、核武装する二国間の危険な緊張の高まりを示している。2016年末の警備員への過激攻撃においてもシグナルは急上昇したものの、先週木曜の爆撃と比較した場合レベルは低いものであった。これまでのところ、今回の爆撃はインドの暴徒によるカシミール住民への攻撃、そして9人の死者を出したインド兵とカシミールの分離独立勢力の間の銃撃戦を引き起こしている。また、それと同時にシグナルは高まり続けている。 5月に総選挙を控え、国家安全保障を強調するヒンズー教の国家主義者であるナレンドラ・モディ大統領は、テロの責任者を罰することを誓い、怒りによりインド人を結集させようとしている。デジタル分野での強い反応は同大統領の二期目の選挙にプラスとなると考えられるが、南アジア、そして潜在的に世界にとってますます危険な状況を反映するものとなっている。


Will the United States impose sanctions against Russia?

February 20, 2019 11:55 pm Published by Comments Off on Will the United States impose sanctions against Russia?

In the complex and competitive world of global finance, portfolio managers are looking for alternative data to help them gain or lose confidence in a certain position.