Author Archives for Tori Rinker

See Our Signals in Action

June 18, 2019 5:29 pm Published by Comments Off on See Our Signals in Action

Request a download of our case study to see how our signals added unique context to the swine fever epidemic... View Article


Equities 2

June 18, 2019 1:49 pm Published by Comments Off on Equities 2

Predata is the leading predictive analytics company for quantifying geopolitical and economic trends. Using machine learning and a patented methodology,... View Article


英国に関して、やっぱり経済

May 29, 2019 1:47 pm Published by Comments Off on 英国に関して、やっぱり経済

2019年5月20日 | ERIC FALCON 新聞の一面を欧州議会選とブレグジットが賑わすなか、 英国経済に対する懸念が高まっている 今週の木曜、英国では欧州議会選の投票が行われる。EU離脱が10月末まで延期されなければ、行われるはずのなかった投票である。メディアは、選挙を取り巻く様々な状況に加え、保守党の終わらない苦境について日々報じている。保守党の予想順位は、ナイジェル・ファラージ率いるブレグジット党を大幅に下回る4位である。そんな中、水面下でさらに深刻な状況が起こっていることをPredataのシグナルが示している。それは英国経済である。 下のシグナルが示すように、英国のマクロ経済にまつわる問題への関心が、ここ5ヶ月において最高レベルに達している。関連トピックは、国債からエネルギーや水産業まで多岐に渡っている。 その一方で、政界や市場においてブレグジットの動向を注視している人々のアクティビティは比較的静かで、主な重要課題に対する関心は、離脱合意案に関する議会での討論がもっとも活発だった2月と3月のピーク時を下回っている。 実際のところ、市場が不安を抱いているのは英国の経済であり、ブレグジットのことなどまったく眼中にないようだ。英国ポンドはすでに2019年の最安値を記録しており、ブレグジットのこう着状態、さらには「合意なき離脱」が現実のものとなるリスクが再浮上した場合には、さらに低くなることが予想される。


イラン政府の代理組織は動き出すのか?

May 29, 2019 1:43 pm Published by Comments Off on イラン政府の代理組織は動き出すのか?

2019年5月13日 | GORDON LAFORGE 中東における対立の可能性に沸き立つデジタル領域 米国がここ1ヶ月、イランに対する圧力を強めている。4月の終わりには、イランから石油を輸入している国に対する制裁の適応除外が打ち切られた。トランプ政権が去年離脱した核合意に対し、イラン政府がその一部の順守をやめると発表すると、米国はペルシャ湾に空母打撃軍とその他の軍用機器を送り込んだ。 緊張が高まる中、デジタル領域におけるアクティビティも活発になってきている。シグナルを見てみると、米国政府とイラン政府の直接的な対決ではなく、どちらかというと代理組織を通した間接的な紛争の可能性に対する関心が上昇しているのが分かる。アラブ首長国連邦のフジャイラ沖でサウジアラビアのタンカー2隻を含む計4隻の石油タンカーが未確認の攻撃を受けた件に関し、サウジアラビアおよびアラブ首長国連邦は攻撃元を特定していないが、米国の関係者たちはイラン政府の関与を疑っている。 中東におけるイランとサウジアラビアの勢力争いに関連したオンラインアクティビティを捕らえるPredataのシグナルは、ここ1年で最高のレベルにまで上昇した。このシグナルは、シリアやイエメンといった周辺国を巡る対立などによりサウジアラビアとイラン間の緊張が高まり、オンラインオブザーバーが懸念を見せた際に上昇する傾向にある。 それに加え、レバノンに拠点を置くイラン政府の代理武装組織ヒズボラに対するデジタル領域における興味も、異例の上昇ぶりを示している。シグナルは米国がイランに圧力をかけ始めてから徐々に上昇し、過去8年で最高のレベルにまで達した。 特に、ヒズボラの戦闘能力の様々な局面に関連したアラビア語のウェブページにおけるアクティビティは、5月に劇的な上昇を見せている。中東のオブザーバー、その中でもアラビア語を話すオブザーバーたちは、ヒズボラのアクティビティが活発化することを予想しているようだ。米国との対立においてイランが攻撃に出る場合、ヒズボラが政府の代理として駆り出される可能性は大いにある。


困った時に現れるISISのリーダー

May 29, 2019 1:41 pm Published by Comments Off on 困った時に現れるISISのリーダー

2019年5月6日 | GORDON LAFORGE & ERIC FALCON ISISのピンチ時に公表された、珍しいバグダーディーの映像。ところがオンラインでは、このテロリスト集団ご用達の爆薬への関心が高まっている 4月29日、ISISは指導者のアブー・バクル・アル=バグダーディーが映ったビデオを公表した。自らをイスラム国の「カリフ」と呼ぶこの人物の映像が公表されたのは、2014年6月以来初めてである。そしてそれは、このテロリスト集団の転換ポイントにおいて公表された。ISISはつい先日、この自称カリフの最後の砦だったバグズで戦いに敗れたばかりだ。それにも関わらず、250人以上の死者を出したスリランカの爆撃が自分たちの犯行であることを認めている。 Predataのシグナルによれば、ビデオの公表タイミングはこれまでと似たパターンを辿っている。バグダーディーが映った映像は、故意かどうかは別として、グループへの注目がデジタル領域で低下傾向にあるポイントで公表されている。リーダーはISISがどん底の状況にあるときに登場し、グループがまだ活動を続けているということを支持者たちに保証するのだ。(この傾向に関する完全分析をご覧になりたい場合は、弊社までお問い合わせください)。 このビデオによってオンラインでISISへの注目が高まることはなかったが、遠方に住むグループの支持者たちに刺激を与えることはできたかもしれない。Predataのシグナルは、トリアセトントリペルオキシド(略称「TATP」)に対する関心がオンラインで高まっているという事実を捉えている。これは、ISISがよく使うシンプルながら非常にパワフルな爆薬であり、スリランカの爆撃においても使用されたものだ。下のグラフが示す通り、TATPの成分に関する東南アジアおよびヨーロッパ言語でのオンライン検索に上昇が見られている。 このようなオンラインアクティビティは、テロ行為が近い将来起こることを必ずしも示唆しているわけではないが、ISISが好んで使う爆薬への関心が異常に高くなっているのは事実である。こういった傾向がアル=バグダーディーの映像公表の直後に見られたことは、ただの偶然の一致ではないのかもしれない。


Request a Demo

May 22, 2019 5:30 pm Published by Comments Off on Request a Demo

Please get in touch for walkthrough from a specialist, and more information about Predata’s solutions